頭にあんかけ警察!パワハラ告発で福島県警が被害者の後始末!

   

頭にあんかけ刑事
頭にあんかけをかけるパワハラを行っていた警部補は

あんかけデカ(刑事)と陰で呼ばれていたのでしょうか?

 

サド傾向(S)の性癖がある

福島県警の双葉警察署の36歳の警部補が

数々の変態パワハラ行為で懲戒処分を受けました。

 

その後、警部補は依願退職しました。

実質的なクビですね。

 

これパワハラというより暴行や傷害でしょう。

パワハラ警部補は実質的にクビにはなりましたが

警察は身内に甘いと批判されて当然ですね。

 

Sponsored Links

あんかけデカの部下に対する悪行の数々

一般的にはパワハラといえば言葉による暴力のことを言いますが、

あんかけを部下の頭にかけて

喜んでいる警察官が福島県警にいるようです。

 

あんかけ料理は、とても熱いですよね。

それもそのはず、

熱が逃げないように

スープを片栗粉で解いてご飯や麺にかけて食べるためですからね。

 

アツアツは美味しいけど

頭にかけるものではないです。

 

さすがに福島県警の双葉警察署が部下の頭にかけた「あんかけ」は、

熱々ではなく冷めたものだったそうです。

 

熱いとか冷たいとかそんな問題ちゃいますやん!

警察官になるのが不安になる

福島県警の双葉警察署

警察官を目指して一生懸命に勉強をしている学生さんからすると、

今回の警察内部のパワハラのニュースは不安になりますよね。

 

特に福島県警を受験する予定の学生さんなら尚更です。

警察のパワハラは日常的にあるものなのでしょうかね。

 

警察官にはいろいろなタイプがいますが、

大きくわけてこのふたつのタイプではないでしょうか。

  • 公務員は安定しているので警察官になりたい人
  • 街の平和や治安を守るために警察官を目指す人

今回パワハラで処分を受けた「あんかけ刑事」はどちらでもなく

ホモでSM傾向の性癖を持っている変態ではないかと勝手に推測しております。

 

変態にとって警察組織は

やりたい放題しても問題が発覚しずらい天国でしょうね。

 

これは警察や福島県警がどうしようもない

個人の問題です。

 

しかしながら今回のパワハラ問題、

たまたま変な奴が双葉警察署に配属されて

 

そこの部下が不条理なパワハラの被害を受けていた

だけで済まされる問題ではありません。

 

11人もの被害者がいるのですから。

 

Sponsored Links

内部告発は機能しているのか?

パワハラが明るみに出るのは大概は内部告発からです。

あんかけ警察官もパワハラに耐えかねた部下の内部告発からです。

福島県警のあんかけデカの被害者は11人もいることから、

日常的にパワハラを行っていたようですね。

このパワハラの内容もヒドイ。

  • 頭にあんかけ
  • バリカンで丸刈りにする
  • 尻を蹴り上げる
  • 帰宅させない

これイジメのレベルを超えてますよね。

それでも福島県警を目指す?

警察は業務の性質上

実力行使を伴う組織でもあります。

 

そんな事情もあり

他の組織に比べて

運動部出身で昔かたぎの

精神論を持っている古い考え方の人がいるイメージ。

(あくまで個人的なイメージです。気を悪くされた方すみません。)
福島県警のパワハラ

そういったことが関係あるかどうかは別にして

イジメ体質があるのは否めない組織です。

 

もちろん全ての警察官がそうではありません。

あんかけ警部補のような

パワハラをするような人間はごく一部です。

 

まとめ

福島県警に限らず警察官を目指している学生さん達は

上司からのパワハラの不安を持ったことでしょう。

 

警察は将来的に警察官を目指している人達の

不安を払拭できるように

 

風通しが良い組織になって欲しいですね。

双葉警察署の警部補は

福島県警を実質的にはクビになりましたが

これパワハラではなく暴行や傷害ではないのでしょうか?

Sponsored Links

おすすめ記事一覧

 - ライフスタイル