北極と南極どっちが寒い?違いを伝えたい本当の理由!

      2016/08/21

ブリザード
北極と南極どっちが寒い?

まず答えから申します。

南極のほうがずっと寒いです。

 

世の中には、

誰もが疑問に思うことって

たくさんありますよね。

 

しかし、

今回の疑問もそうですが

誰に聞けば正しい答えが返ってくるのか

わからないことも、

たくさんあります。

 

北極と比べると南極のほうがずーっと寒い

ということは、わかったのですが

 

なぜなのかが

すごく気になったので

調べてみました。

Sponsored Links

南極と北極の違い

南極と北極はどちらも氷の世界です。

あなたのイメージ通りに

冬は氷に覆われて

とても過酷な世界です。

 

ご存知ですか?南極と北極の違い?

南極ペンギン

実は、

南極と北極とでは

決定的な違いがあります。

この違いが南極と北極どっちが寒い?

の答えのヒントにもなります。

大陸と水の世界の性質

世界には六大陸ありますが

そのうちのひとつが南極です。

南極と北極の違いは

南極は大陸であり北極は海です。

つまり南極は大陸の上に氷や雪が覆われた世界です。

南極大陸

対して

北極には陸地がありません。

北極は、回りを陸に囲まれた海です。

その海に氷山などの氷のカタマリが

浮いている状態です。

南極と北極の地形と気象条件

水は温まりにくにのですが

一度あたたまると冷めにくい性質があります。

 

ところが陸地は水と比較すると

ずーっと温まりやすくて冷えやすのです。

この条件が北極と南極に当てはまります。

 

また北極には海に浮かぶ

氷山はありますが

その高さは数十メートル程度で

気温に影響をあたえるほどではありません。

 

これに対して南極は大陸であり

数千メートル級の山もあります。

こういった地形などの条件もあり

南極のほうが断然寒いのです。

氷山

Sponsored Links

南極と北極の最低気温ブリザード

南極大陸の中心部の最低気温は

マイナス60度C以下になります。

北極の最低気温は

マイナス30度Cから40度Cぐらいです。

 

マイナス40度Cもかなり寒いのですが

北極では、あまり風が吹かないこともあり

体感温度は実際の気温よりも

寒く感じないようです。

 

対して南極は

大陸の中心部で冷やされた空気が回されて

強風として吹き荒らします。

この強風がさらに威力を増しものが

ブリザードです。

寒そう!ブリザードの動画です

ちなみに

南極の斜面を吹き降ろすような

猛吹雪のことは

カタバ風と呼ばれています。

まとめ

南極と北極はどっちが寒いかの結論は

さまざまな地形的な条件もあって

南極のほうがずーっと寒いです。

 

しかも

北極にはあまり強い風は吹きませんが

南極にはブリザードという猛吹雪も

吹き荒れることもあり

体感温度も実際の最低気温も

南極のほうが寒いのです。

Sponsored Links

おすすめ記事一覧

 - 気象・科学