エスワティニに国名変更!旧スワジランド国王ムスワティ3世の闇!

   

スワジランド、エスワティニ国旗

スワジランドが国名変更しました。

新国名はエスワティニです。(2018年4月19日に改名)

唐突に改名が行われたことで国内はもちろん、国際社会からも批判の声が上がっています。

スワジランドの国民に問う事なく国名変更を独裁的に行ったのですから批判されて当然ですね。

国王ムスワティ3世ひとりの決定だけで簡単に国の名前を変えられるのには理由があります

旧スワジランドは国王ムスワティ3世が
独裁的に国民を支配する絶対君主制の国だからです。

国王ムスワティ3世が絶対的な権力を持っている同国では国王の鶴の一声で国名変更ができちゃいます。
いまの時代に絶対君主制の国が存在するのですね。(形式的には立憲君主制)

世界標準の民主国家かなら国の名前を変更すのは大変です。

スポンサーリンク

改名の理由とエスワティニ王国の由来

国王ムスワティ3世が改名した理由がまた驚かされる。

海外に行くたびにスイスと間違われるから

形式的には立憲君主制ではありますが実質的に独裁国家のスワジランド。

2018年4月19日イギリス領から独立して50周年の式典で

「私はこの国の名前を元に戻す」
と国王ムスワティ3世が国名変更を宣言。

2015年ごろから改名を検討していたとの事ですが国民に対しては一切の説明はなし。
独立50周年はまだ理解できますが、国王の50歳の誕生日を祝う意味もあるそうです。これはちょってね。

新国名エスワティニの由来は
スワジ語で「スワジ人の場所」という意味とのこと。
「エスワティニ王国(Kingdom of eSwatini)」

エスワティニはスワジ語だけどキングダムは英語だろ!
との反対派からのツッコミが多数。

なんで現地語と英語を足した国名にするんだ?
との意見も。

Sponsored Links

国民が反発の理由


国の名称変更となると多額の費用負担が発生します。

  • 南アフリカに位置するエスワティニ
  • 人口は約130万人
  • 国民の63%は貧困層

国民の大多数が貧困層である国家が多額の費用をかけてまですることではないとの批判の声が殺到する中、

スワジランドからエスワティニ王国に改名した国王ムスワティ3世。

国王ムスワティ3世が治める国エスワティニ

地理や世界情勢に興味がある人の間では、

スワジランド王国の時代からいろいろな意味で有名な国でした。

国王ムスワティ3世(Mswati III)のキャラクターを含めて。

王妃を選ぶ儀式は世界的な批判もあります。

一夫多妻制の王妃になりたい7万人の少女がダンス


日本のいろいろなテレビ番組でも紹介された事があるので覚えてる方もいると思います。

一夫多妻制の国スワジランド

国王ムスワティ3世が国中から集めた13歳以上の処女の中から王妃を決める儀式。

胸を露にした伝統衣装を着て「リードダンス」に参加する少女達。

 

貧しい国民たちは現代のシンデレラを夢見てスワジランド国内から集まってくる。

一夫多妻はスワジランド王国の伝統なので他国民が安易に批判する事ではありません。

しかし国民の大多数が貧民層のスワジランド国王が貧しさから抜け出すために

国王ムスワティ3世の王妃になることで貧しさから抜け出せると夢見て参加する少女も多い。

王妃に選ばれると宮殿と運転手付きの高級車が与えられる。

王妃は何人?


リードダンスは毎年行われています。

ムスワティ3世が気に入った参加者を妃にすることが慣例になっている。

ムスワティ3世は1986年4月25日の国王に。
在位期間は32年間で単純計算すると

毎年ひとりの妻をめとるとして32人の王妃がいることに。
王妃の数はあくまでも単純計算ですので正確ではありません。

ちなみに父ソブーザ2世は70人の王妃がいた。

国王による少女誘拐ではないかとアムネスティ・インターナショナルで問題になったことも。

エスワティニ改名の感想

エスワティニの国民は貧しいのに
かつてムスワティ3世は世界で最も裕福な王族にランクインしたこともあり

独裁者として批判されても仕方がないでしょうね。

エイズも蔓延して治安も決して良くは無い。

 

日本でも王妃選びのダンスだけを面白おかしく紹介したバラエティ番組がありましたが

わたくし個人としては、もう少し広い視野で世界を見ていたいですね。

スワジランドがエスワティニ改名した話題でした。

 

Sponsored Links

おすすめ記事一覧

 - ライフスタイル