扇風機の電気代!強中弱の真実!

      2016/09/11

fan

夏は扇風機とエアコンの

電気代が気になる季節。

 

強・中・弱で電気料金に

どれほど差が出るのか

 

難しい計算なんてしなくてもOK。

簡潔にまとめました。

Sponsored Links

扇風機とエアコンは電気代と医療費を比較してから使え!

蒸し暑い季節、

自宅でほぼ一日中、

過ごす主婦の方は多いと思います。

 

家中の窓を開けて換気を行っても

部屋の温度を下げるには限界がありますよね。

 

エアコンを使用するまでもなけど

せめて扇風機ぐらいは使いたい。

 

でも家計が苦しいからといって

限界まで暑さをガマン。

その結果、

体調を崩し病院通いになって、

医療費がかかるようでは元も子もない。

 

猛暑なに

扇風機ぐらいは使わないと

さすがに、

体力的につらいものがありますよね。

 

最近の家電は

消費電力はごくわずかです。

 

とはいってもやはり、

扇風機の電気代が気になります。

 

また、

強中弱でどのぐらい

電気代に差が出るのでしょうか。

扇風機を12時間つけっぱなしの電気代が意外と安い

扇風機の電気代は、

毎日強風で、

扇風機を12時間使用した場合の

1ヶ月の電気代は300円強

 

あなたはこの金額を高いと感じましたか?

わたしは意外に安いと思いました。

 

だって半日つけっぱなしでの値段ですからね。

 

ちなみに、

エアコンは扇風機の約10倍

3000円~4000円

となります。

Sponsored Links

風量で電気代の差は知れている

風量でどれほど料金に差がでるのかが

気にになるところではありますが

 

強風でも弱風でも

わずかな電気代の差しかありません

 

ですので

強中弱はあまり気になさらずに

安心して

使用してくださいね。

扇風機の電気代は安い!計算不要の真実

あなたは扇風機の電気代

実はすごく安いことを

理解していただけたと思います。

 

だいたいの料金だけ知っていればいいと

提案しても、

 

ご自身で電気代を計算したいと

考える方もいますよね。

 

計算式を知ったところで

難しい計算式に当てはめて電気代を算出しても

あくまでもそれは目安にしかなりません。

 

最終的な電気代は

電力会社から請求書が来てはじめて

確定した料金が判るのです。

 

それだったら最初から計算なんてしないで

扇風機1日の電気代は約10円

と把握していればいいのです。

 

電気代10円の根拠を知りたい方も

いらっしゃると思いますので

 

電気代の簡単な

計算式を記述しておきます。

消費電力40Wの扇風機の場合の計算

お住まいの地域の電力会社

契約プランなどによって

電気代はさまざまなので、

 

一般的な条件で計算した場合

扇風機を半日12時間使用した場合、

概ね10円強となります。

 

40W×12時間=480Whです

480÷1000=0.48kWh

 

電気代は契約プラン

地方により異なりますが

一般的な数字22円/kWhを用いると

0.48×22=10.56円となります。

 

まぁ、

10円強だと思ってもらえば良いかと・・・

setsuyakku

一般的に普及している消費電力の扇風機を

毎日12時間、

強風で使っても300円ほどの電気代です。

なので中風・弱風では、

風量を強で使用した場合

それよりも安い電気代で済みます。

節約もいいけど健康のことも良く考えましょう!

扇風機の電気代300円が安いか高いかは、

人それぞれの価値観にもよりますが

 

暑いのをガマンして

病院のお世話になることを考えると

個人的には、お安いと思います。

 

最後にまとめると

扇風機の電気代は月300円

 

そして、

エアコンと扇風機の電気代の差は

 

扇風機の10倍かかります。

 

1日12時間エアコンを

つけっぱなしにした場合の電気代は

おおよそ3000円~4000円ほどになります。

 

もちろん、

さまざまな条件の違いにより

電気代は上下します

 

 

個人差はありますので

あくまでご参考までなさってください。

Sponsored Links

おすすめ記事一覧

 - ライフスタイル