二日酔い対処!薬も牛乳も飲むな!予防と医者の治し方が簡単だった!

   

二日酔い・吐き気・頭痛・倦怠感
二日酔い・宿酔

ちまたで言われている

二日酔い対策で対処して

飲み会に臨んだ結果!

 

二日酔いになりました。

 

実際に二日酔い対策は

効果があったり無かったり。

 

運悪く、翌日の朝

激しい頭痛と吐き気に倦怠感。

 

休日ならばひたすら睡眠を取れば

二日酔いは解消されるのですが

平日の通常出勤の日には

正直しんどい。

 

二日酔いになっても

薬を飲んでは行けません。

 

その理由とは?

コンビニで簡単に手に入る

二日酔いに効果的な飲み物なども紹介します。

 

知り合いの医師に

二日酔いに関して

医学的な観点から見解を聞きましたのでご参考まで。

Sponsored Links

二日酔いとは?アセトアルデヒドは有害

人がお酒を飲むと次の順でアルコールが分解されます。

アルコールは肝臓で

アセトアルデヒド(有害)

酢酸(無害)

水と二酸化炭素(無害)に分解

しかし飲み過ぎと毒性の強い

アセトアルデヒドが分解されずに体中に充満

激しい頭痛や嘔吐・けん怠感をもたらす

このような状態が二日酔いです。

 

アルコール中毒の専門医さんの話では

酒豪と言われている人でも

アルコール度数5%のビール2本(500ml×2)までが
リスクの少ない飲み方だそうです。

アルコールに強い人(アルコール分解能力が強い人)でも
500mlのビールえお分解するのに約4時間かかるとの事

飲み過ぎ注意

二日酔い予防!飲む前の日はよく寝る

二日酔い予防策にはいろいろありますが

効果があったりなかったりです。

 

二日酔いの予防・解消法の

それぞれを見て行きましょう。

飲む前の日はよく寝る!

これは二日酔い防止には効果があります。

 

睡眠をとるという行動は

医学的に正しく

効果の高い二日酔い予防です。

 

寝ることで肝臓の血流量が増えるので

肝臓のはたらきが良くなるからです。

Sponsored Links

牛乳が作る年末で二日酔い予防になるは本当?

牛乳が胃の粘膜を保護するから

二日酔い防止になるという説は

まことしやかに広まっていますが

これは本当なのでしょうか?
牛乳と宿酔

アルコール外来の専門医によると

水分をたくさん摂るということでは効果があります。

 

ただ牛乳を飲むと胃の粘膜に張り付いて

アルコールの吸収を遅らせると思われていますが

 

牛乳が胃の粘膜を保護するというのは本当ですが

牛乳を飲んですぐだったら胃の粘膜に張り付いていますが

 

お酒を飲めばあっと言う間に流されてしまいますので
牛乳でアルコールの吸収は抑えられないというのが
お医者さんの見解です。

飲み過ぎた翌日 二日酔いの対処法!頭痛・腹痛に薬はダメ

二日酔いの症状には

頭が痛い・腹が痛いとの症状があるため

何も考えずに市販の頭痛薬や下痢止めを飲む人もいますが

それは二日酔いにとって逆効果です。

 

頭痛や腹痛はアセトアルデヒドを体内から出したいとのサインです。

それを薬で止めると体から毒素を出さなくしてしまいます。

 

そしてまたアルコールと共に

薬を分解するのも肝臓の役割です。

 

よって二日酔いの時に薬を飲むと

アルコールと薬の分解をすることになり

 

肝臓にかかる負担は大きいのです。

よって二日酔いの時に薬を飲むのはNGです。

朝風呂・サウナ・ランニングで発汗してもダメ

汗をかいてもアセトアルデヒドは体外には出ません。

朝風呂・サウナ・ランニングで発汗して

二日酔いが治ると思っている方は

考え方を改めましょう。

 

二日酔いの時は脱水状態です。

脱水状態のうえに汗をかくと

余計に二日酔いが悪化します。

 

発汗によりアセトアルデヒドは抜けません。

朝風呂・サウナ・ランニングで汗をかいたら

二日酔いが治るということは医学的にはあり得ません。

 

走って汗をかく余裕があるのならば

水分補給をしましょう。

二日酔いに良い食べ物はスイカ!なければコンビニのジュース!

二日酔いの時には
脱水症状と共に低血糖になっています。

スイカは水分と糖分が一緒に入る

という意味で二日酔い対策には良い。
スイカとジュースは肝臓によい

スイカには肝臓の働きを良くする

シトルリンが他の野菜や果物よりも多く含まれています。

 

夏ならまだしも年中

スイカを冷蔵庫に常備している家庭はないですよね。

 

いつでもコンビニなどで手軽に手に入って

二日酔いに効果的なスイカの代替品があります。

 

ジュースなどの糖分の入った飲み物でもOKです

 

たまに二日酔い対策は迎え酒とおっしゃる方がいますが

迎え酒はアルコール依存症の一歩手前ですので

このような対処法だけは止めましょう

Sponsored Links

おすすめ記事一覧

 - 健康・美容