初誕生お祝い!一升餅と餅踏みの違いと意外な由来!

   

初誕生のお祝い
初誕生のお祝いとは

子供が満1歳の誕生日を迎えた日に

お祝いをすることです。

簡単にいうと赤ちゃん満1歳の誕生日です。

Sponsored Links

満1歳の誕生日には力餅と一升餅の意味

初誕生お祝いの日には

特別な餅をつく地域があります。

 

この餅は「力餅」などとよばれています。

この力餅を風呂敷に包んで

初誕生お祝いの日に

子供に背負わせて歩かせる風習があります。

 

これは子供ができるだけ早く

一人立ちできることを願う

子供が一生食うに困らないように

祝福するものだといわれています。

力餅

この一升餅(一生餅)とは

お米の一升と人生の一生をかけている言葉です。

 

まあ掛け言葉というかダジャレですね。

地域によって一升餅の呼び名は異なります。

  • 一生餅
  • 誕生餅
  • 踏み餅
  • 立ったら餅
  • 背負い餅・しょい餅
  • 力餅

厳密にいうと

一升餅と踏み餅には違いがあります。

 

一升餅はモチを背負わせてるのですが

踏み餅はモチを踏ませる。

 

ただ初誕生の日にお餅で

お祝いすることに違いはないので

ほぼおなじ行事だと思っていてもいいでしょう。

一升餅を背負わせるものが風呂敷からリュックサック

かつては子供の初誕生のお祝いには

風呂敷に一升餅を入れて

背負わせて歩かせたのですが

 

さすがに現在では風呂敷ではなく

リュックサックに一升餅を入れて

子供に背負わせる家庭が多いようです。

初誕生と一升餅リュクサック

Sponsored Links

実は日本古来の風習ではなかった?

この子供の初誕生のお祝いは、

意外に新しい習慣だということをご存知です?

 

アジアでは中国や韓国のように

数えで年齢を数える習慣があります。

 

もちろん日本も明治時代に入るまでは

年齢は数え年でカウントしていました。

 

いまのように満で年齢を

数えるようになったのは

明治時代以降後です。

 

誕生日を祝いごととして、

プレゼント交換し合う習慣は

本来はキリスト教精神に

もとづく西洋のものです。

新しく加わった初誕生のお祝いと

日本の古くから伝わる

子供の成長を祝福する

行事がうまく融合して定着した

習俗のひとつが初誕生のお祝いです。

1歳のお誕生日に一升餅を背負う赤ちゃん動画

孫の初誕生のお祝い

初誕生お祝いの日には、

子供の両親の家に

おじいちゃん、おばあちゃん

家族・親戚、ごく親しい友人などが

集まって、ご馳走を食べる。

 

そしてみんなで

祖父母にとっては自分の孫と

息子あるいは娘ですが

子供(孫)を無事に1歳まで育てた両親に感謝し

今後の子供の無事な成長を願う。

 

これが初誕生のお祝いです。

Sponsored Links

おすすめ記事一覧

 - 子育て・教育