JAL副操縦士は誰?名前が判明!英国で飲酒逮捕!社内呼気検査不正か?

      2018/11/03

日本航空JL44便ヒースロー空港発・羽田空港着
日本航空JL44便、日本人のJAL副操縦士が飲酒によりイギリスで逮捕されました。
日本の一部メディアでは拘束されているとの少しやわらかいニュアンスで伝えられていますが、

単なる拘束ではなく、ロンドンの警察当局に逮捕されています。

逮捕され拘束されている日本航空の副操縦士の名前も日本では誰だか発表されていません。

しかし、地元イギリスのロンドンでは(実名)名前入りで報道されています。

追記 日本のメディアでも實川克敏副操縦士と実名報道されました。実の字は旧漢字の實のようです。

Sponsored Links

カツトシ・ジツカワ氏の顔写真も公開されるのか?

以下はイギリスの大衆紙デイリー・メールの記事の抜粋です。日本人パイロット副操縦士の名前もしっかりと報道されています。

Drunk first officer Katsutoshi Jitsukawa, 42, was arrested at the airport after failing a breath test just 50 minutes before Japan Airlines (JAL) flight JL44 to Tokyo was due to take off with him in the cockpit.

元記事です英文
Japanese pilot admits being drunk shortly before Heathrow flight

私は英語の専門家ではないので、簡易的に意訳しました。ですので英文解釈・文法的な間違いなどありましたらご指摘ください。

酔った状態の副操縦士『カツトシ ジツカワ』42歳が空港で逮捕された。
呼気検査でアルコールが検出された50分後には、JL44便は飲酒状態の副操縦士がコックピットに搭乗して東京まで離陸する予定だった。

英国では酔っぱらい運転寸前の副操縦士の名前が『カツトシ ジツカワ』氏だと報道されているのに

日本ではスポンサー様JALへの忖度なのか実名報道しているメディアはないようですね。

もちろん顔写真も公開はされていません。

イギリスでは実名は報道されていますが、
名前はローマ字表記なので正確な漢字はわかりません。

下の名前は何通りもの漢字がありそうなので特定できませんが、名字の漢字はおそらく実川さんなのではないでしょうか。(実の字は旧漢字の實のようです)

下の名前の漢字表記など、はっきりとはわからないのに想像で特定する人がいますが、同姓同名の方がいたら迷惑がかかるので適当な漢字を当てはめて拡散しないようにお願いします。

ところで、本文とは関係ないのですが、
副操縦士のことを英語ではfirst officerと言うんですね。

航空機乗務前に実施された社内呼気検査(アルコール検査)にはパスし通過していた。

デイリー・メールの記事も、ほぼ日本で報じられている通りの内容です。

Sponsored Links

ジツカワ氏は、なぜ逮捕されたのか

英で飲酒JALの副操縦士さん名前と顔
運送会社などで働いている方なら経験あると思うのですが、どんなに小さな会社でも出社後に呼気のアルコール検査しますよね。
不正なんて、会社ぐるみでないと普通はできません。

ところが英国で逮捕されたJALの副操縦士さんは、社内の呼気検査はバスしていたそうです。しかし悪い事はできません。

ヒースロー空港でJALのクルーを乗せたバスの運転手さんが酒臭い実川副操縦士に気づいて警察に通報。

バスの運転手さんも飛行機とバスの違いがあるとはいえ、お客様を預かる人が飲酒運転するなんて許せなかったのでしょう。

改めてアルコール検査を受けたJALの副操縦士さん。

なんと規定の10倍のアルコールを検出。

それだけお酒が残っていれば呼吸するだけでアルコール臭はしますよね。

なんせ日本航空JL44便ヒースロー空港発・羽田空港着。
乗客の最大収容人数が244人のボーイング777機です。

副操縦士とはいえ飛行中に機長の指示を受けて、機体の何らかの操作はするはずですからね。
JL44便ヒースロー


まとめ

このJALの副操縦士さん常習犯だったのでしょうかね。それとも今回たまたま深酒が過ぎての愚行だったのでしょうか。

いずれにしても数百人もの人々の命を預かっているのですから反省して欲しいものです。

また日本の恥として報道されますから、とても残念な出来事でした。

追記
イギリスでは今年の年初にも英国のフラッグキャリアBA(ブリティッシュ・エアウェイズ)のパイロットからアルコールが検出され逮捕。6月に行われた裁判で禁固8月の判決を言い渡されている。この時に逮捕された元操縦士のジュリアン・モナハン氏から検出されたアルコールは基準値の4倍だと報道されていました。今回逮捕されたJALの副操縦士さんは、基準値の10倍もの数値が出たとの情報もあり、裁判にかけらるとBAの元操縦士のジュリアン・モナハン氏より、さらに厳しい判決が下される事が予想されています。

Sponsored Links

おすすめ記事一覧

 - ライフスタイル