川村虹花の自宅バレは自撮り自転車で特定ネットストーカー対策の後始末!

   

twitterデマ拡散
地下アイドルの仮面女子・川村虹花さんが

SNSに投稿した自撮り写真が原因で

ストーカー被害に遭い恐怖の体験をしたとの報道は記憶に新しい。
(自称ファンは逮捕されています。)

 

自称ファンにが川村虹花の自宅を特定した方法は

川村さん自身が自撮りしてSNSにアップした画像が原因でした。

逮捕されたストーカーは

自宅マンション玄関とともに写り込んでいた

自転車をヒントに川村虹花の自宅を特定。

 

手口をマネされる可能性もあるので

警察も具体的な特定方法は発表していませんが

おそらくマンションの玄関や自転車が特徴的だったのでしょうね。

怖いですね。

 

それだけの情報で場所を特定出来るのですね。

川村虹花さんのようなアイドル活動をしている芸能人だけではなく

 

 

一般人でもネットストーカーのターゲットになり

つきまといの被害者になる可能性は誰にでもあります。

 

 

Sponsored Links

TwitterやInstagramの対策

どのような方法で個人や自宅を特定するの?

ネットにあまり詳しくない人からすると

怖くてSNSに自撮り写真をアップするのが不安になりますよね。

 

ハイ簡単にご説明いたします。

 

普段からTwitterやInstagramなどの

SNSを利用しているひとは

たくさんいると思います。

美味しいスイーツ食べたよ!スマホでパシャッ!
コンビニでこれ買いました!スマホでパシャッ!

 

自宅や勤務先の近くでツイッターやインスタにアップするために

自撮りしたこれらの画像

実はとても危険です。

 

これぐらいなら場所なんて特定されないだろなんて甘い考えはやめましょう。

ネットに詳しい人なら、わずかなヒントでも自宅の場所ぐらい簡単に解析してしまいます。

 

他にも自宅の近くで自撮りした画像には

場所を特定される情報が含まれている場合あります。
誰が見ても場所がわかる有名な建物が写り込んでいる。
電柱や電信柱が写っている(固有の電柱番号といわれる識別番号があり場所が特定出来る)
ガラスや鏡に反射して場所がわかるものが写りこんでいる画像
(車に反射していた画像から場所が特定されていた事が実際にある)

ウソ

初期設定の段階で位置情報(Exif)を削除

ネットストーカーが個人情報を取得する方法でいちばん多いパターンは

あなたが何気なくSNS上にアップしている写真からです。

 

つまりツイッターやインスタなどの上げている画像ですね。

デジカメやスマホなどのカメラ機能は

画像に位置情報を埋め込んでいるからです。

 

何の設定もしないで撮影した自撮り写真は

位置情報により個人の行動パターンが

丸裸されているのも同然です。

 

スマホやデジカメなどのデジタルデバイスに詳しくないから

位置情報なんていわれてもわからないから怖い。

チェーンソーとピエロ

 

そんなあなた安心してください。

 

 

いま現在のツイッター・インスタは

画像をアップした時点で自動的に位置情報(Exif)を削除してくれる仕様になっています。

 

 

他にも画像を利用するアプリのほとんどは

初期設定の段階で位置情報(Exif)を削除してくれるはずです。

 

しかし、気をつけなければならないのは

位置情報を削除してくれるのは

あくまでもツイッターやインスタに画像をアップした場合です。

Sponsored Links

GPS機能をOFFにする

スマホやデジカメの初期設定が位置情報(Exif)を記録するようになっていると、

画像には位置情報が記録されているわけで

場所を知られたくない相手に

その画像が渡ると位置情報は容易にわかります。

 

画像に位置情報(Exif)を記録しないように

普段からGPS機能をOFFにすることをオススメします。

 

位置情報(Exif)を削除するアプリなどはありますの

あまりナーバスにならなくても大丈夫です。

 

実際に

仮面女子・川村虹花さんの場合も画像の位置情報で

自宅が特定されたわけではありません。

 

当時住んでいた自宅マンション前で自撮りした画像をSNSにアップしたところ、

偶然に写り込んでいた自転車からマンションを特定されてストーカー被害。

 

ネットに精通したネットストーカーからすると

マンションの外観と駐輪場に停められている自転車の情報だけで

場所を簡単に特定。

 

川村虹花さんの場合、

自宅マンション玄関前で自撮りした画像で住まいを特定されました。

 

一般人のわたしたちも

ネットストーカーの被害に遭わないためにも

普段から気を付けなければなりません。

Sponsored Links

おすすめ記事一覧

 - ライフスタイル