右利きが多い理由は心臓?意外 目や足にも左利きがある!

      2016/09/21

左ピッチャー
右利きの人は多いですよね。

人間に右利きが多いのには理由があります。

 

ちょっと例を上げただけでも

これらを右でする人は多いです。

  • 箸を持つ手
  • ペンを持つ手
  • ボールを投げる手

ではなぜ右利きの人は

左利きの人に比べて

圧倒的に多いのでしょうか?

 

実はハッキリとした理由は

未だにわかっていません。

右利きが多い理由の諸説を紹介します。

Sponsored Links

右利き・左利きに関係する主な説

右利きが多い理由としては

人間の心臓は左にあるからだとか

もっともらしい医学的な説から

都市伝説の類まで諸説あります。

 

以下が右利き・左利きに関するおもな説です。

  • 優位脳説
  • 攻撃・防御説
  • 環境
  • 遺伝

これより上記の説をご紹介いたします。

右利き・左利き優位脳説

右脳・左脳と利き腕の関係

大脳は右脳より左脳のほうが

優れているからだという説があります。

 

左脳が優れていると、

なぜ右利きになるかというと

 

神経の多くが延髄で交差しており

左半分の脳からは右の末梢神経に

右半分の脳からは左の末梢神経に

繋がっているからです。

これが優位脳説です。

Sponsored Links

右利きが多い理由の攻撃・防御説

文明が発達する以前も以後も

戦いは人間の歴史そのものです。

 

人は戦いの時

心臓を守るために左手で盾をもって

人間の急所である心臓を

ヤリなどで一突きにされないよう防御します。

 

なぜ左手で盾(たて)を持つかというと

人間の心臓はからだの中心から

やや左側にあるからです。

盾と矛と心臓と利き手

左手で盾を固定して防御し

右手を自由に動かし敵を攻撃していた。

 

そこで、

左手で心臓を守って

右手で攻撃していた人達が

生き残った結果、右利きのひとが多い。

これが攻撃・防御説

環境と遺伝説

環境説というのは、

ひとが使う道具は昔から

右利き用に作られてきたから

おのずと右利きが増えるとの説です。

 

あとづけというか少し強引な説ですね。

 

一方の遺伝説は、

右利きの遺伝子を受け継いだ人が

生き残ったとの説です。

 

なぜ右利きの遺伝子が左利きの遺伝子より

多く生き残ったかは攻撃と防御説につながります。

左手に矛、右手に剣を持ったローマ戦士

利き目・利き足もある

右利き、左利きといても、

実は利き手以外にも

右利き・左利きがあります。

 

例えば

物を見る目にも利き目

うでを組むのも

左右の腕のどちらを上に組むかで

利き腕があります。

 

足も腕と同様に歩く時に

左右どちらの脚から

歩き出すかで利き足があります。

 

などなど右利き左利きがあるのは、

利き手だけではありません。

 

私たちは様々な動作で

からだの片側を重点的に使っています。

 

日本人の場合、利き腕が右の人が90%以上

右目が利き目の人が70%だといわれています。

利き目チェックをする方法

しかし、利き腕・利き足・利き目が

すべての動作において

右利き、あるいは左利きの人は

そう多くはありません。

利き目

左利きは天才肌?芸術家タイプ?

左利きには天才肌の人が多いとの話は

よく聞くのですが、

科学的な根拠はありません。

 

一般的に芸術家に左利きの人が

多いとのイメージはあります。

ただ統計的なデータはありません。

Sponsored Links

おすすめ記事一覧

 - 気象・科学