みかんのむき方!白い筋も上手に剥ける動画2選!和歌山むき&イモムシみかん!

   

イモムシみかん画像

みかんの季節がやってきました。

年末年始は実家で過ごす方も多いと思います。

実家のコタツでテレビを見ながら

食べるみかんは最高に美味しいですね。

 

そんな日本の茶の間に欠かせない果物みかん

いまネット上で2つの上手な「みかんのむき方」

  • 和歌山むき
  • イモムシみかん

が話題になっているのをご存知ですか?

 

動画と画像付きで両方で解説しています。

Sponsored Links

「イモムシみかん」「和歌山むき」みかんのむき方動画

みかんの季節

冬になると毎年のように

みかんの上手なむき方は話題になります。

 

その代表的なものは「イモムシみかん」と「和歌山むき」の2つのむき方です。
(スマホの容量が気になる方は画像を使って
文章でも説明していますので
記事を読みすすめてください。)

「イモムシみかん」と「和歌山むき」動画


従来の方法に比べて薄皮(白い筋)も

きれいにむけるメリットがあります。

 

みかんの薄皮(白い筋)には

豊富な栄養価が含まれていますので

苦手でなければミカンの白い線も食べましょう

「イモムシみかん」皮のむき方!横一列に房が並んだ!

イモムシみかんの特徴

横一列に並んだフサがイモムシのようです。

側面の皮(みかん中央部分)が帯状に残るように、上面と裏面の、

上下側面の3分の1部分の皮をむきます。中央部の皮がペルト状に残ります。

ベルトのようになったら、皮の1か所を縦にカットします。

フサの間にていねいに切れ目を入れながら、横一列に広げていきます。

きれいにならべたら、イモムシみかんの出来上がり
イモムシみかん画像

Sponsored Links

みかん「和歌山むき」は早くて薄皮(白い筋)もきれいに取れる!

みかんの本場

和歌山県民で知らない人はいないぐらい

有名な「和歌山むき」を画像で紹介します。

とても簡単です。

 

みかんの裏を割るようにして二等分にします。

さらに二等分します。

全部で四等分になりました。

親指の爪を黄色くする事なくみかんが食べられます。

白い筋が苦手な方はみかんを裏返すように

へた側からみかんを外せば薄皮もキレイに取れます。

和歌山むき画像
栄養豊富の白い筋も一緒に食べたい方は

底の側からみかんを外して食べると

薄皮も取れないので食べる事ができます。

ミカンの表と裏はどっち?ヘタと底

最後になりますが

ミカンの皮のむき方を説明するにあたって

表裏あるいは底などの単語を使って解説していますが

本来みかんには表も裏もありません。

 

便宜上わかり易いという事で

ヘタの付いている側を表

ヘタの無いほうが裏(底)

としています。

ということで

みかんのむき方も色々あって

おもしろいですね

 

「和歌山むき」「イモムシみかん」

実家に帰省した際に家族のまえで

披露すれば盛り上がること間違いないですよ!

Sponsored Links

おすすめ記事一覧

 - 食べ物・飲料