日の出 日の入りとはどの瞬間をいう?月の出と月の入りの違いは?

   

日の出日の入り
日の出と日の入りは、

どの瞬間のことをいうのか

あなたはご存知ですか?

 

大多数のひとは、

日の入りは太陽が顔出した瞬間

日の入りは太陽が消えた瞬間

だと考えていると思うのですが

それで正解です。

 

日の出と日の入りの瞬間がいつなのかは

比較的よく知られています。

 

では月の出、月の入りは

どの瞬間のことをいうのかご存知ですか?

 

月にも太陽と同様

地球に顔を出す瞬間と

完全に消える瞬間があります。

 

果たして月の出、月の入り

はどの瞬間のことでしょう?

 

日の出、日の入りの定義は知っていても

月の出、月の入りの定義は

意外と知らないものです。

Sponsored Links

日の出とはどの瞬間?

比較的よく知られていることなので

説明するまでもないのですが、

朝に太陽が昇ることを日の出といいます。

 

では、どの瞬間のことを

日の出というのでしょうか?

 

日の出とは太陽の上のへりが地平線に

かかった瞬間のことです。

日の出

つまり日の出とは

太陽の上端(上のへり)が

地平線に顔を覗かせた瞬間のことです。

日の出といいます。

日の入りとはどの瞬間?

日の入りとは太陽が沈んで

夜になる頃のことですね。

 

日の入りとは太陽の上端(上のへり)が

地平線に太陽が沈み

見えなくなった瞬間です。

 

つまり

日の出も日の入り

どちら地平線に太陽の上端が重なった

瞬間のことです。

 

このことから

月の出、月の入りも

同じように決められているのだろうと

思っている人が多いようです。

 

しかしながら、

月の場合は違います。

Sponsored Links

月の出・月の入りの瞬間はいつ?

月の出、月の入りとは、

月の中心が地平線に

かかった瞬間をいうのです。

 

では、なぜ月の場合は

太陽と違う基準を

採用しているのでしょうか。

 

そのわけは、

月には満ち欠けの現象があるからです。

三日月と月の入り

太陽と同じ基準で

月の上端(上のへり)と決めたのでは

三日月のときなど観測が難しくなります。

 

そこで、

中心部地平線に重なった瞬間

月の出といいます。

 

月の中心でしたら

三日月の場合でも

孤の一部から円の中心を

求めるのことが出来ますので

すぐにわかります。

日の出・日の入り、月の出・月の入りのまとめ

日の出・日の入りとは

地平線に太陽の上端が重なった瞬間

 

月の出・月の入りとは

月の中心部が地平線に重なった瞬間

Sponsored Links

おすすめ記事一覧

 - 気象・科学