猫忍映画の主役は父上の金時君!大野拓朗より猫の名前が注目される裏側!

   

猫忍の金時君と大野拓朗の画像 ドラマで話題になった猫忍(ねこにん)が 映画になって戻ってきました。

主演俳優の大野拓朗さんと 実質的に主役の猫、

名前は「金時君」(父上)が舞台あいさつ。

 

空前の猫ブーム。

ネコ派とイヌ派の議論は むかしからバチバチと火花を散らしています。

かつてペットといえば犬を飼っている ご家庭のほうが多かったのですが

いまは犬と猫どちらも同じぐらいの飼育数になったいるようです。

犬と猫の飼育数が逆転するのも時間の問題となっています。

 

ちなみに 2015年にペットフード協会が 犬と猫の飼育実態調査のデータによりますと、 推計で

  • 犬が約991万7千匹
  • 猫が約987万4千匹

 

この数字からも犬より猫の時代なんですね。

動物を主役にした映画やドラマなども 確かに昔は、

ネコよりイヌのほうが多かったですね。

Sponsored Links

タレント猫の金時君

映画やテレビなどに出演する動物は

人間のタレントがプロダクションに所属するのと同様に

生き物専門の動物プロダクションに所属しています。

 

猫忍(ねこにん)の主役の父上こと金時君も ZOO動物プロダクションに所属するタレント猫です。

金時君という名前もカワイイですね。

 

金時君は見ての通りかなりの巨漢猫です。

体重はMAX時に貫禄の8.5㎏

金時といういかにも甘党な名前が 関係してるのかどうかはわかりませんが

映画版猫忍の画像

人も動物も太りすぎは健康によくないですよね。

タレント猫ということでキャラ的に

あえて太らせているのかな?

そうでないと思いたいけど どうなんでしょうかね・・・

大野拓朗さんは世界の村で発見!こんなところに日本人で見たイケメン俳優だった

映画「猫忍」の主演は猫の父上の金時君ではなく大野拓朗さんです。

金時君も主役といえば主役ではありますが。

 

ところで大野拓朗さんという俳優さん どこかで見たことあるなと思っていました。

それもそのはず「世界の村で発見!こんなところに日本人」 でアシスタントをされていた方だったんですね。

 

「世界の村で発見!こんなところに日本人」の番組で

確か南米のペルーに 大野拓朗さんがロケで行った時の回を 見たことあるのですが

現地のペルー人の女の子に キャーキャー騒がれていたシーンが印象的でした。

 

南米でもモテモテのイケメンだということが 証明された感じがしました。

『猫忍』は大野拓朗さん映画初主演作品。 世界で活躍するイケメン俳優になって欲しいですね。

Sponsored Links

犬派より猫派が増えている理由

犬の飼育数のピーク時の数字なんですが

2008年の約1310万1千匹で その数は年々減少しています。

猫の飼育数は減少ではなく現状維持とのデータがあります。

 

犬は散歩などの世話が大変なので

飼い主である人間の高齢化もあって ほったらかしでも飼いやすい猫の人気が

上昇している背景にあります。

 

猫も犬もカワイイですよね。

 

映画版「猫忍」主役の父上の金時君と大野拓朗さんの話題でした。
ジャンプ猫ミルコが跳ぶ!まるで無重力ネコ動画がかわいい!

Sponsored Links

おすすめ記事一覧

 - 生き物・植物