サブリナ陽子はカワイイ妹!スイス・チューリッヒ日本人学校にアナザースカイ!

   

春香クリスティーンのアナザースカイ画像
春香クリスティーンが16歳で単身来日して以来

8年ぶりに故郷スイス・チューリッヒにアナザースカイ。

 

日本に来て以来、

一度も故郷のチューリッヒには帰ってなかったんですね。

 

自分自身に置き換えて考えると

父親の母国とはいえ、

16歳という年齢で単身海外に留学するのは勇気のいることです。

Sponsored Links

妹は7歳年下のサブリナ陽子さん

春香クリスティーンが生まれ育ったスイスには

日本人の父・ドイツ系スイス人の母と妹が在住。

 

故郷のスイス・チューリッヒに、

とても可愛い妹さんがいらっしゃいます。

 

1992年1月26日生まれの春香クリスティーンさんより

妹のサブリナ陽子さんは

7歳年下とのこと。

 

おそらく1999年生まれですので

今年の誕生日を迎えていれば18歳

2017年の誕生日がまだであれば17歳ですね。

 

 

サブリナ陽子さんは、

春香クリスティーンさんのブログに

頻繁に登場しているのでファンの間では有名な存在です。サブリナ陽子の画像
2011/05/01投稿された春香クリスティーンさんのブログより引用

ひきこもりでいじめられっ子だった

本当はダメなことですが

どこの国にはイジメはあります。

 

ましてや国際結婚で誕生した子供は

いじめの対象になりやすい。

 

春香クリスティーンさんのお父様が日本人ということで

イジメを受けていたようです。

 

白人と東洋人のハーフさんは

われわれ日本人から見るとヨーロッパ的な顔立ちに見えるのですが

ヨーロッパ人から見ると東洋人に見えることのほうが多いです。

 

ですので春香クリスティーンさんも

そういった面でイジメにあっていたのかもしれませんね。

 

子供は何も知らないから残酷になりやすい。

 

妹のサブリナ陽子さんは、

日本人から見たら西洋的な顔立ちに見えるけど

スイス人からしたら東洋的な顔に見えるのかな?

Sponsored Links

スイス・チューリッヒ日本人学校・日本語補習校

春香クリスティーンさんは

スイス育ちなのに日本語が上手なのは

チューリッヒ日本人学校の

日本語補習校で勉強されてたのですね。
スイス・チューリッヒ日本人学校・日本語補習校の画像

お父さんが日本人とはいえ

家庭学習だけでは

あれだけ上手な日本語を習得するのは難しいです。

いじめ・ひきこもりでもうひとつの祖国へ

故郷のスイス・チューリッヒに居場所を見つけられなくて

日本に来た春香クリスティーンさん。

 

ハーフという理由でイジメを受けて
引きこもりとなり

もうひとつの祖国である日本へ

 

日本への憧れがマックスとなり16歳で来日。

 

イジメとかひきこもりとか

そういうバックグラウンドを聞くと

複雑な気持ちになりますね。

 

でも来日を決断して日本でタレントになっている今が

幸せなら良いのですが・・・

 

春香クリスティーンさんが8年ぶりに

故郷のスイス・チューリッヒにアナザースカイで訪れたとの話題でした。

やっぱり春香さんの妹サブリナ陽子さんカワイイですね。

Sponsored Links

おすすめ記事一覧

 - ライフスタイル