アメリカ産冷凍牛肉セーフガード発動!吉野家・すき家の後始末!

   

吉野家セーフガード
セーフガードが14年ぶりに発動されました。

TTPが頓挫したことも影響しています。

トランプ大統領のバカ!

家庭にも影響を与えるアメリカ冷凍牛肉の緊急輸入制限措置(セーフガード)です。

食の値上がりは家計を直撃するので心配ですね。

Sponsored Links

セーフガードとは?

今回のセーフガードとは簡単に説明すると、

国内の畜産農家を守るために、

格安で輸入されているアメリカ冷凍牛肉の関税率を、

引き上げる緊急輸入制限措置です。

緊急輸入制限措置はいつから?

現在の関税率は38・5%ですが、

セーフガードが発動されると米国産の冷凍牛肉の関税率が50%に引き上げられます。

緊急輸入制限措置と聞くと今すぐのようなイメージがあります。

はい!すでに関税は今月(2018年8月)から上がっています。

2018年3月まで50%に引き上げられます。

吉野家・すき家など大手牛丼チェーン店は値上げ?

今回のセーフガードは8ヶ月間発動されます。

吉野家・すき家などの大手の牛丼チェーン店は、

アメリカ産の冷凍牛肉を使用しています。、

特に吉野家はアメリカ産の冷凍牛肉でないと、

吉野家の味は出せないとの事で、こだわりの食材でもあることから影響は必死です。
吉野家値上げ

ただ一定量の在庫は確保していることから、

すぐに値上げとはならないようです。

ギリギリまで企業努力で値上げは堪えてくれるでしょ。

しかし、さすがに8ヶ月分の冷凍牛肉のストックは無いとの報道もありますが、

消費者としては頑張って欲しいですね。

チルドの牛肉と家庭にも影響が・・・

アメリカ産の冷凍牛肉の関税が上がると、

同じく米国産のチルド肉にも影響が出ます。

セーフガードが発動される前の、

チルドの牛肉と冷凍牛肉とでは、

購買層も値段も関税率が違うのでバッティングしません。

しかし、緊急輸入制限措置が実施されると、チルドと冷凍牛肉の価格差もなくなり、業者間でも肉の奪い合いになります。

そうなるとチルドの牛肉の値段も上がり、

われわれの家計にも影響してくるのです。

まとめ

国内の生産業者を守るためには仕方がない部分もありますが、

家計に与える影響を考えると厳しいですね。

Sponsored Links

おすすめ記事一覧

 - 食べ物・飲料