一人暮らしの電気代!無理なく平均より安くする3つの方法

      2016/08/13

denki

一人暮らしなのに

ここ数ヶ月の電気代の

月平均が7000円~8000円ぐらい。

 

まわりの、

一人暮らしの人と比較すると

どうやらわたしの電気代は

平均額より高いようです。

 

安くする方法はないのかと

いろいろと試して見ました。

Sponsored Links

社会人・学生の一人暮らし、電気代が高いのはどっち?

社会人と学生どちらのほうが

電気代が高いのでしょう?

 

答えは簡単!学生です。

 

なぜなら、

学生は社会人と比べて在宅してる時間が

圧倒的に長いからです。

 

もし、

あなたが大学生で

平均より高い月額電気料金を毎月

支払っているのならば

 

光熱費を簡単に節約できる方法を

伝授いたしますので

安心してください。

 

両親にお世話になっている身、

電気代を少しでも安くすべく

大学生なりの節約術を実践してみましょう。

公共料金を節約したい理由を明確にする

まず、

実家暮らしだった方は

公共料金など気にもせずに

使いたい放題に電気・ガス・水道を

浪費していたと思います。

 

私の知り合いに

月平均の電気代が約8000円の

大学生がいます。

 

ひとり暮らしの大学生にしては高い!

両親にお願いして地方から

都会の大学に進学して

来た学生さんです。

 

ご両親も大変らしく

仕送りを減らされるとのこと。

生活を切り詰める動機付けが

仕送りの減額です。

 

理由はなんであれ

物事を始めるのには

キッカケは必要です。

Sponsored Links

電機・ガス・水道代の公共料金のどれを節約すべきか!

とある統計によると一人暮らしの公共料金の

平均額は以下のようです。

  • 電気代 約4000円強
  • ガス代 約3000円強
  • 水道代 約2500円弱

公共料金の

一人暮らしの皆さんの電気代(月額)の

平均値 4,199円です。

  • 最低金額:1,000円
  • 最高金額:2万5,000円
  • 中央値:4,000円

 

月平均約8000円程の電気料金を支払っている

わたしとしては

公共料金で一番節約出来るの

電気代です。

 

そもそもガスと水道代は、

いまの料金から節約しても金額的には、

ごくわずかです。

 

ガス代に関しては

自炊はしておらず、お湯を沸かすぐらいなので

ほぼ基本料金のみの支払です。

とういうことで

 

私の場合は

電気代が節約できる公共料金です。

究極の節電術はこれだ!

節電するには、

電力会社との

アンペア契約を変更したりだとか

エアコンを使う時にいろいろと工夫して

電気代をなるべく安く上げる

方法はたくさんあります。

 

いろいろとある節電術の中で

もっとも電気代を安くする方法は

ただひとつ

 

それは、

電化製品を使わない事

これにつきます。

え?節電術ってそういうこと?

電化製品を使わない。

これが一番電気代がかかりません。

 

電気代が高い学生さんの場合、

なぜ電気代が高いのか

 

答えは簡単ですよね。

在宅している時間が長いからです。

 

テレビ・ゲーム・インターネット・エアコン

などなど。

在宅中は電化製品を

使わないように努力してください。

 

とはいっても自宅にいると

電化製品を使わないわけには

行けない場合もあります。

 

節電のためにエアコンの電気代をケチって

体調不良になって医療費のほうが

高くついたとかなると

元も子もないですね。

 

図書館・バイト・ボランティアで節電術

library

在宅時間の長い学生さんは、

外出して節電しましょう。

 

まずひとつ目の節電術

学生の仕事は勉学です。

 

学校の授業がある日は

大学の図書館で一生懸命に勉強しましょう。

冷暖房のきいた図書館で勉強する

成績も上がる、

自宅の電気代も安くなる

一石二鳥です。

 

大学の図書館が閉館してる日は

公共の図書館で過ごしましょう。

 

ふたつめはバイトで節電!

いくら大学生だからといっても

図書館で四六時中、

勉強するのも、

しんどいですよね。

そういう方はバイトをしましょ。

 

在宅率の高い方は

バイトもしてないはずですよね。

 

大学が長期間の休みに入る、

夏冬に勉強もバイトもせずに

自宅にいると電気代が

高くなるのは当然です。

 

バイトで外出すると

電化製品は使わないし

バイト代も入ってくる。

 

3つめはボランティアに参加しよう

究極の節電術は電化製品を使わない事

それを、実現するには外出することですよね。

 

ただ単に外出するだけなら

近所のショッピングモールで

時間を潰すのもいいかも知れませんが

せっかくの貴重な時間なのですから

 

無駄に過ごさずに

おもいきって

ボランティアに登録して見ては

いかかですが。

 

ボランティアに参加する事は

あなたにとっても、社会にとっても

とても有意義なことだと思います。

まとめ

バカバカしい節電術だと

感じる方もいらっしゃると思いますが

 

電化製品を使わないことが

一番の電気代を安くする方法です。

在宅時間が長くて

電気代が平均額より高いと感じる方は

外出しましょう!

Sponsored Links

おすすめ記事一覧

 - ライフスタイル