今年の初雪が観測されましたの裏側!降雪日の真相

   

雪とベンチ

「今年の初雪が観測されました。」

初雪などの天候・天気の話題は、

本格的な冬がやったきたと感じる

季節の定番ニュースです。

 

毎年、

初雪が降ったとの話題にふれるたびに

疑問に思うことがあります。

 

それは、

初雪の定義です。

いつ降った雪が初雪になるのでしょうか。

Sponsored Links

その年に初めて降った雪が初雪ではない!

初雪というぐらいだから

普通に考えると

その年に初めて降った雪が、

初雪になりますよね。

 

しかし、

それは絶対に有り得ませんね。

 

なぜなら、

その定義だと毎年1月1日が

初雪の降雪日になってしまうからです。

 

一般的に、

年のはじめは元日ですからね。

北海道や他の雪国では9月には

初雪が観測されたとのニュースを目にします。

 

雪国の山頂付近だと

3月4月頃まで降雪があります。

では、いつ何を境にして

初雪とするのでしょうか?

富士山の初雪はいつ観測されるの?

富士山の初雪

富士山のような高い山では

8月の真夏でも山頂付近では

雪が降ることもあります。

例えば、

8月1日に雪が降ったとします。

これは今年の最終降雪なのか

はたまた初雪なのか

なにか基準がないと判断できません。

 

そこで初雪の基準が設けられています。

初雪とは、その年の最高気温が記録された後に

初めて降った雪のことを初雪といいます。

 

ですので、

例えば9月に最高気温が記録された

あとに雪が降ったとします。

 

その後に、

その年の最高気温が更新されれば

それは初雪にはなりません。

Sponsored Links

初冠雪と初雪の違い

初冠雪と初雪の違いについても

気になったので調べてみました。

 

初冠雪とは山麓から観測して

山頂が初めて雪で覆われた日です。

簡単に言うと山の麓から目視で雪を確認した日ですね。

 

なぜ初冠雪と初雪を

わけているかというと

一般の人でも気軽に登山が出来る

富士山の山頂には観測所があって

観測員も常駐しています。

双眼鏡

しかしながら

立山や槍ヶ岳のような険しい山の山頂には、

観測員が常駐するような観測所はありません。

山の麓で初冠雪を確認しているのです。

 

テレビで初冠雪のニュースなどを

見る機会も多いと思いますが

初冠雪が観測されたけど

 

実際の初雪は、

それより早く降っている

可能性もあるということですね。

Sponsored Links

おすすめ記事一覧

 - 気象・科学