入道雲とは?積乱雲との違いや語源は?えっまだ知らないの!

      2016/08/27

入道雲のイラスト
夏雲といえば入道雲ですね。

では入道雲とは?

小学生の息子に聞かれました。

 

入道雲って何?

いきなり疑問への答えです。

入道雲とは積乱雲のことです

名前が違うだけです。

  • 入道雲と積乱雲の違いは?
  • 積乱雲とは何?
  • 入道雲は夏にしか発生しないの?
  • 入道雲の語源

子供は、なんでなんでと

いろいろな疑問を親にぶつけてきます。

 

子供のためにも、

本来ならば丁寧に答えてあげるべきなのですが

正直、面倒くさい。

 

でも、やっぱり子供の疑問には答えてあげたい。

 

私自身も、

いろいろと疑問に思うことがあるので、

ひとつひとつ見て行きましょう。

Sponsored Links

入道雲と積乱雲の違いは?

夏の風物詩のひとつ入道雲。

すっきりと晴れたわたった夏の空に

モクモクとわきあがる入道雲。

夏を実感する瞬間でもあります。

 

しかし、

この入道雲、

積乱雲とも言いますね。

違いが気になる方にご説明いたします。

 

一般的に入道雲と呼ばれている雲は

気象用語で積乱雲です。

積乱雲の俗称が入道雲です。

 

つまり、俗称か気象用語かの違いだけで

入道雲と積乱雲は同じものをさします。

 

厳密に分けると

違うという人もいらっやいます。

 

ただ一般的に入道雲と積乱雲は同じだと言っても

差し支えないないかと思います。

モクモク積乱雲

積乱雲・入道雲は夏だけのもの?

入道雲は俳句歳時記の

夏の季語にもなっています。

だからといって積乱雲は

夏だけのものではありません。

 

確かに空高くモクモクと

わきあがる入道雲は

夏特有の積乱雲です。

 

しかし、

秋や冬でも積乱雲は発生します。

一年中ある気象現象です。

 

一定の気象条件がそろうと季節とは関係なく

積乱雲は発生しますが、

夏のような入道雲は、

乾いた雲があるとあのような形になるので

高校野球と入道雲

他の季節に発生する積乱雲は

夏の入道雲のような姿になりにくいだけです。

Sponsored Links

入道雲の語源

入道雲の名前の由来ですが

入道とは読んで字のごとく

仏教の道に入るという意味です。

 

そこからお坊さんのことを入道ということになり

さらに時代が変わってからは、

お坊さんだけの事だけではなく

丸坊主の人のことを入道と呼ぶようになりました。

 

ここからが入道雲の本来の語源です。

丸坊主の人の事を入道と呼ぶようなったのですが

昔の大入道という名の妖怪がいました。

 

この妖怪は丸坊主だったことから

大入道と呼ばれていました。

 

まるで妖怪のように空高くモクモクとわきあがる入道雲が

いつしか妖怪大入道に例えられて

入道雲という名前になった言われています。

坊主

語源にはいろいろな由来や説がありますので、

この説が絶対というわけでは有りませんが

入道雲の有力な語源ではあります。

まとめ

夏の甲子園にわきあがる入道雲を見ると

夏を感じるとともに秋の訪れに

物悲しさも同時にやってきますね。

Sponsored Links

おすすめ記事一覧

 - 気象・科学