本物の日焼け対策グッズを比べてください

      2016/08/13

spf

究極の日焼け対策は

室内で過ごして直射日光を

浴びないことです。

 

しかしながら、

日焼け対策のために

外出しないのは

現実的ではありません。

 

太陽のの強烈な

紫外線を避けたい

 

あなたに

わたしが実践して

効果があった日焼け対策

およびグッズを

お教えいたします。

Sponsored Links

日焼け対策の方法

まず代表的な日焼け止め対策は

以下の方法があります。

  • 日焼け止めクリーム
  • 飲む日焼け止め
  • 帽子
  • 日傘
  • サングラス
  • UVカットマスク
  • ロング手袋(アームカバー)

日焼け対策サングラス

日焼け止めクリームは化粧品
などの美容グッズに、

 

飲み日焼け止めは
薬やサプリメント、

 

それ以外いわゆる
日焼け対策グッズに
分類されます。

日焼け止めクリームのメリットとデメリット

日焼け対策グッズにには、

それぞにメリットとデメリット
があります。

 

日焼け止めクリームは

手軽にUVカットができるといった

メリットがあり

最も一般的で

とても効果的な日焼け対策です。

 

デメリットとしては

ウォータープルーフなどの

クリームを使っていても

大量の汗で2.3時間ほどで

クリームが流れ落ちてしまい

頻繁に塗りなおさないと

効果が続かない。

 

そこで

日焼け止めクリームの

デメリットを補う方法

があります。

 

単純に考えて

大量の汗でクリームが

落ちるのであれば、

また塗ればいいのです。

日焼け止めクリーム

しかしながら、

外出先でクリームは気軽には塗れない。

そこでスプレータイプの日焼け止め。

 

これならスプレーするだけで

簡単に塗り直せます。

 

クリームタイプしか

利用したことないかたは

スプレータイプの日焼け止めを

使ってみるのをオススメします。

 

また飲み日焼け止めを併用する

こともダブル対策で効果的です。

Sponsored Links

紫外線カットのグッズを使う覚悟!

見た目を気にしないのであれば

日焼け止めクリームやスプレーに

頼るのではなく

物理的に紫外線をカットしましょう。

 

  • つばが広い帽子
  • UVカットマスク
  • サングラス
  • ロング手袋(アームカバー)

これらを身にまとって

完全防備です。

 

100%とまではいわなくとも

かなりの紫外線カットが可能です。

 

ただこれらの日焼け対策は

暑いのとビジュアル的に

ダサイというか

 

かなり、

怪しい格好です。

 

デメリットとしては、

下手をすると職務質問にある

可能性もあります。
(おばちゃんの場合は大丈夫だと思いますが。)

帽子

顔は隠しているので

実はそんなに

恥ずかしくもないと

いったメリットもあります。

まとめ

さまざまな

日焼け対策があります。

 

ライフスタイルに合わせた

あなたに適した

日焼け対策の方法を

試してください。

 

体のためには適度な紫外線も

必要だということも

お忘れなく。

Sponsored Links

おすすめ記事一覧

 - 健康・美容