女性のこんな厄年は嫌だ!普通では満足出来ない年齢の厄除けの方法

      2016/08/25

上司と部下の男女
「私、来年は厄(やく)なんです。

年齢バレちゃいますけど」

 

「誰でも、年は取るよ。

じゃあ、〇〇ちゃんは今年が前厄なんだね。

私も42歳の本厄の年に

大病を患って入院したから

気をつけてね。」

 

上記の会話は厄年を話題に、

男性上司と女性の部下の間で

何気なく、かわされる日常的な会話。

 

厄年を信じている人も

信じない人にも

効果的な厄除けの方法

をお伝えします。

Sponsored Links

女の厄年の年齢・男との違い

厄年とは、

日常生活の中に深く根付いて

信じられている迷信のひとつです。

 

地域によって

多少の違いはありますが、

厄年といえば一般的に

以下の年齢のことです。

 

女性の厄年の年齢

  • 19歳
  • 33歳
  • 37歳

男性の厄年の年齢

  • 25歳
  • 42歳
  • 60歳

女性の厄年

ご覧の通り、

男女で厄年にあたる年齢に

違いがあります。

 

中でも男性が42歳

女性が33歳の年を

「大厄」(たいやく)

と言います。

 

この前後の年が
前厄(まえやく)」と「後厄(あとやく)」です。

厄年は迷信だと、あなどってはいけない本当の理由

日本に限らず、どこの国にも、

迷信は存在します。

 

厄年に科学的な根拠はないものの

現代でも一般に広く浸透している

のには理由があります。

 

厄年の中でも

女性の三十三歳は

近世の末ごろに選ばれたもので

三十三が「散々」

との意味に通じることろからだと言われています。

厄除け

また

同じような理由で

男性の四十二歳も

「死に」

通じる言葉ということから広まった

なんの根拠もない迷信です。

Sponsored Links

誰でも出来る簡単な厄除けの方法

とはいえ

厄年は単なる迷信だと

あなどっては行けません。

 

女性の三十三歳 男性の四十二歳

という年齢は

社会的には仕事などで

重責を担う立場になったくる頃でもあり

 

精神・肉体的には

健康面での変化に留意しないといけない

年齢でもあります。

 

このような理由から

厄年という先人の知恵が

現代の世の中でも

広く信じられているのです。

ヨガ

日頃から

精神面でも肉体的にも

健康に留意することが

一番の厄除けだと思います。

厄年のまとめ

厄年は男性と女性では年が

違いますが、

 

これは男性と女性では

カラダにガタが来る年齢が

違うところからだと言われています。

内面的にも肉体的も

健康に留意して厄年を乗り切りましょう!
【関連記事】
女性の厄年に結婚や出産は迷信?厄落としの裏側!

Sponsored Links

おすすめ記事一覧

 - ライフスタイル